精密根幹治療 Precision treatment

精密根管治療とは?

精密根管治療とは、簡単に言うと歯の根の治療にあたります。

例えばむし歯が進みすぎて歯の神経が腐ってしまったり、以前治療を受けたつもりが不完全で、
残っていた神経に細菌が繁殖して…といった症状に対して、
精密に細部を確認できる顕微鏡やスコープを使用して治療する方法です。

歯の根を肉眼でしっかり確認することは非常に困難です。
そのために、「治したはずなのに痛みが」と訴えて来院される方は多くいらっしゃいます。
暗く、細く入り組んだ歯の根に対し、治療のミスややり残しがないように
ミクロン単位で確認できる機材を使用することで、根管内の治療を精密かつ確実に行えます。
治療後は歯の根に薬剤を詰め、被せ物をつけることで
歯の機能面をフォローすることができるようになります。

精密根管治療の重要性

上記のような症状をほうっておくと、少しずつ痛みが出るようになってきます。
悪化することで、むし歯と同様の強い痛みが発生したり、周りの骨にも悪影響を与え、
抜歯するほか無くなる場合もあります。

「治したのだから、痛いのはたまたまか別の原因だろう」
「気にはなるけど、治療は完了したと言われたから」
と思わず、少しでもおかしいと思ったら一度ご相談ください。

なぜ、精密根管治療を推すのか

私たちは、歯を抜くことをよしといたしません。

抜歯は本当に最終手段であり、可能な限りご自身の歯を残すのが最善と考えております。
人間の歯は、永久歯が抜けたら二度とそこに歯が生えてくることはありません。
それを軽率に抜いてしまうようなことがあってはなりません。

歯というものは、お口のなか、ひいては体全体の健康を維持するための大事な土台です。
手遅れになる前に1年でも長くその歯を使い続けられるよう、最善のご提案をいたします。

たとえ症状が最終的に全く別の原因や、あるいは気のせいだったとしても、
それは無駄ではございません。ぜひ一度ご相談ください。

ページ
最上部へ
TOP
PAGE